東京・新宿で教会をお探しの皆様[淀橋教会公式ブログ]

安らかに心豊かな人生を過ごすための道しるべ「主と共に、主イエスに倣って」(22)

峯野龍弘牧師 第5章 主イエスの歩まれたアガペーの生涯の日々 Ⅴ. 十字架上ですべての罪人の罪を担われ、贖(あがない)となられた主イエス(続き) ■「ただ信じること」の奥義(前回に続く) その理由は、以下の通りです。 第一に、この信じ難い出来事については、この出来事が起こる遥か以前から、既に旧約聖書の中に明言され、預言されていたからです。預言者イザヤは、主イエス・キリストの母マリヤの処女

安らかに心豊かな人生を過ごすための道しるべ「主と共に、主イエスに倣って」(21)

峯野龍弘牧師 第5章 主イエスの歩まれたアガペーの生涯の日々 Ⅴ. 十字架上ですべての罪人の罪を担われ、贖(あがない)となられた主イエス(続き) ■「ただ信じること」の奥義 かくして主イエスは、お互い人間の罪を悉(ことごと)く担われ、その全人類の罪の身代わりに十字架にお付きになりました。さて、ここで「ただ信じる」と言うことが、何を意味しているのか熟考してみましょう。そこで先ず初めに、「ただ

安らかに心豊かな人生を過ごすための道しるべ「主と共に、主イエスに倣って」(20)

峯野龍弘牧師 第5章 主イエスの歩まれたアガペーの生涯の日々 Ⅴ. 十字架上ですべての罪人の罪を担われ、贖(あがない)となられた主イエス かくして主イエスは、お互い人間の罪を悉(ことごと)く担われ、その全人類の罪の身代わりに十字架にお付きになりました。この主イエスの十字架上での御苦しみを通して、お互いの罪は悉く赦され、お互いは義と聖と贖いを受け継ぐ者とされたのでした。ただし、この場合に重要な

安らかに心豊かな人生を過ごすための道しるべ「主と共に、主イエスに倣って」(19)

峯野龍弘牧師 第5章 主イエスの歩まれたアガペーの生涯の日々 Ⅳ. 見くびられ軽視されがちな、いと小さな者にも寄り添われた主イエス (2)飼い主のいない羊のように弱り果てている人々を憐れまれた主イエス 主イエスは、日々町々、村々を巡って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝えられましたが、それにも増して行く先々で出会う、飼い主のいない羊のように弱りはて、打ちひしがれている人々をご覧になり、彼らを

安らかに心豊かな人生を過ごすための道しるべ「主と共に、主イエスに倣って」(18)

峯野龍弘牧師 第5章 主イエスの歩まれたアガペーの生涯の日々 Ⅳ. 見くびられ軽視されがちな、いと小さな者にも寄り添われた主イエス とかく世の人々は相手にするに値しないような、どうでもよい者や邪魔な者には、見向きもせず、かかわりを持とうともしませんが、しかしアガペーの主イエスは、このような一人をも大切にされ、むしろこのような人々とどのようにかかわるかによって、その人の信仰と愛と人格の良質の「

安らかに心豊かな人生を過ごすための道しるべ「主と共に、主イエスに倣って」(17)

峯野龍弘牧師 第5章 主イエスの歩まれたアガペーの生涯の日々 Ⅲ. 一般社会から見捨てられ、忌み嫌われていた人々に寄り添われた主 アガペーの主イエスは、当時の一般社会から見捨てられ、忌み嫌われていた人々を深く憐(あわ)れまれ、彼らに寄り添い、彼らの人生に活路を開かれました。 主イエスご在世当時のユダヤ社会では、はき違えられた律法理解と歪められたユダヤ教信仰の悪影響下にあって、当時の民衆は「

安らかに心豊かな人生を過ごすための道しるべ「主と共に、主イエスに倣って」(16)

峯野龍弘牧師 第5章 主イエスの歩まれたアガペーの生涯の日々 Ⅱ. 苦悩する人々に寄り添い癒された主 さて、主イエスは四人の若き弟子たちを従えて、いよいよ本格的に湖畔の地、ガリラヤで宣教を始められました。主は日々、ガリラヤ中を巡られ、諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝えられました(マタイ4:23)。その教えを聞いた人々は、きっとその教えに大きな驚きと共に、喜びを感じたことでしょう。主イエスの教

安らかに心豊かな人生を過ごすための道しるべ「主と共に、主イエスに倣って」(15)

峯野龍弘牧師 第5章 主イエスの歩まれたアガペーの生涯の日々 さて、ここで主イエスの歩まれたご生涯の日々を追憶し、主イエスが如何に「アガペーの日々」を過ごされ、御父の御心を全うされたかを追ってみましょう。主は、その御生涯のすべての場面で、「アガぺー道」一筋に歩まれておられました。言うまでもなく主ご自身が、「アガペーの主」であられたからです。 そこでお互いは今、主イエスの歩まれた足跡を訪ね、四

安らかに心豊かな人生を過ごすための道しるべ「主と共に、主イエスに倣って」(14)

峯野龍弘牧師 第4章 主と共に歩む生涯をどのように築き上げて行くべきか Ⅴ. 十字架を背負って歩むアガペーの生活 主イエスと共に、主に倣って生きる生涯の最高峰、そしてキリスト者生活のクライマックスは、「十字架を背負って歩むアガペーの生活」ではないでしょうか。 主は、山上の垂訓の中で、「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。・・・自分を愛してくれる人を愛したところで、あなたがたにどん

安らかに心豊かな人生を過ごすための道しるべ「主と共に、主イエスに倣って」(13)

峯野龍弘牧師 第4章 主と共に歩む生涯をどのように築き上げて行くべきか Ⅳ. 不合理な逆境をどこまでも甘受して生きる生活 主イエスの御生涯を学ぶ時、そこに見出すことの出来る顕著な生活は、それがご自身の身に及んで来た一切の不合理な出来事を、どこまでも甘受されて生き抜かれた生活ではなかったでしょうか。主イエスは神の御子であり、その御生涯のどの一点を取り出して観察しても、そこには何一つ過ちはなく、