東京・新宿で教会をお探しの皆様[淀橋教会公式ブログ]

愛による全面受容と心の癒しへの道(8)

峯野龍弘牧師 第2章 ウルトラ良い子の特質 4) 絶対価値志向性 次に彼らは、生まれつき絶対価値志向性という素晴らしい特性を持っています。つまり彼らには生まれついた時から、その内に“絶対的価値観”とでも言うべきものを追い求めて生きようとする性質が宿っています。 それは究極“神の価値観”つまり“永遠不変の神の真理に基づいて物事の価値・是々非々を定めようとする価値観”で、これは洋の東西を問

愛による全面受容と心の癒しへの道(7)

峯野龍弘牧師 第2章 ウルトラ良い子の特質 2) 本質志向性(続) ところでよくこんな質問に遭遇します。既に不登校になって久しく、家にいてもほとんど部屋に引きこもり、自室に家族さえ入らせず、昼夜逆転し、その上更に何か注意しようものなら途端に逆切れし、どなり散らし、大暴れするわが子について、「先生どこがウルトラよい子なのですか。うちの子は何一つ是々非々を弁えられず、いつになっても幼稚で、ま

愛による全面受容と心の癒しへの道(6)

峯野龍弘牧師 第2章 ウルトラ良い子の特質 2) 本質志向性 さてウルトラ良い子の第二の特質は、常に彼らが本質的なものを強く慕い求めるという言わば「本質志向性」と言うべきものを有しているという点にあります。筆者は、「生まれながらの哲学者」などと呼んでいます。彼らはなかなかの真理探究者で、思索家です。彼らは通常の子供たちにも優って小さい頃よりよく「なぜ」、「どうして」と言う質問を親に発しま

愛による全面受容と心の癒しへの道(5)

峯野龍弘牧師 第2章 ウルトラ良い子の特質 1).純粋志向性  さてウルトラ良い子の特質の第一は、彼らは生まれながらにして純粋な志向をする特性を有しているということです。彼らの願望し、思い図ることはいつも純粋で、その夢が大きく、理想は高いのです。そこでしばしば他者から見れば極めて現実離れしていて、単なる理想主義者である以上に空想家・妄想家のようにさえ見えます。しかし、彼らは決して異常なの

愛による全面受容と心の癒しへの道(4)

峯野龍弘牧師 第2章 ウルトラ良い子の特質 さて、ウルトラ良い子には概ね共通するすばらしい特質が宿っています。ところが極めて悲しく残念なことは、多くの両親たちがこの彼等の特質について気づかないまま子育てをしてしまったために、その尊いウルトラよい子の性質を無視してしまい、のみならずその性質を踏み躙り、傷つけ、遂には心病み、異常心理、異常行動をさえ取らせてしまう人生の悲劇を生み出してしまってい

愛による全面受容と心の癒しへの道(3)

峯野龍弘牧師 第1章 ウルトラ良い子論(続) さて、このような天与の鋭敏で、かつ純正な生まれつきの卓越した感性を付与された「ウルトラ良い子」の存在とその性質については、今日までほとんど洋の東西を問わず世間で話題にされたことがなく、しかも専門家たちの間でさえこの問題に真正面から真剣に取り組んで来た者がいませんでした。 筆者は、過去50年の間、心傷つき病む青少年たち、また同様の多くの大人たち

愛による全面受容と心の癒しへの道(2)

峯野龍弘牧師 第1章 ウルトラ良い子論 今日、テレビやラジオ、新聞などでしばしば世間を騒がせている、いわゆる「問題児」と呼ばれる多くの青少年たちがいます。のみならずその残虐にして冷酷な殺人や傷害の手口のゆえに、世間からはあたかも殺人鬼のように恐れられている青少年の存在も、悲しいかな珍しくはありません。しかし、これらの青少年たちの中には、本来はその正反対に、通常の平均人よりもはるかに卓越した

愛による全面受容と心の癒しへの道(1)

峯野龍弘牧師 引きこもり・非行等に悩む親子のための癒しのバイブル 序 今日の多くの青少年たちが、この恐るべき世俗社会の抑圧の中で幼い頃から早くも心傷つき、その抑圧の累積の結果、遂にその苦悩が頂点に達してさまざまな異常心理・異常行動を呈しています。それらの症状は、極めて千差万別で多様です。  しかし、元を正せばそれらは皆、同根の原因から派生しています。即ち、それらの異常心理・異常行動の究