東京・新宿で教会をお探しの皆様[淀橋教会公式ブログ]

愛による全面受容と心の癒しへの道(27)

峯野龍弘牧師 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 II. 我執 (1) 我執 さて、以上において縷々とウルトラ良い子に対する抑圧の最大原因であり、また同時に根本原因でもある二つの元凶の内の「世俗的価値観」について詳述してきましたが、次にもう一つの元凶である「我執」についても記してみたいと思います。 今ここで「二つの元凶」と申しましたが、実はこの二つは深いところにおいて繋がりがあり

愛による全面受容と心の癒しへの道(26)

峯野龍弘牧師 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 I. 世俗的価値観 B. 世俗的価値観を構成する恐るべき諸要素 7). 排他主義、競争主義 最後にもう一つの世俗的価値観を形成している悪しき考え方について述べてみることにしましょう。それが排他主義と競争主義です。これこそが世俗社会を象徴する最たる特徴の一つです。今までに述べてきた6つの世俗的価値観を形成している諸要素の総和の帰結は

愛による全面受容と心の癒しへの道(25)

峯野龍弘牧師 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 I. 世俗的価値観 B. 世俗的価値観を構成する恐るべき諸要素 6). 相対主義、他者比較主義 更にまた、ウルトラ良い子たちを抑圧し、彼らを対人関係不全症候群に追い遣る恐ろしい考え方とあり方に、相対主義、他者比較主義というものがあります。そもそもウルトラ良い子たちは、既に何度も記してきましたように、本来は本質的なものや絶対的なもの

愛による全面受容と心の癒しへの道(24)

峯野龍弘牧師 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 I. 世俗的価値観 B. 世俗的価値観を構成する恐るべき諸要素 5). 画一主義、規格準拠主義 さて、次には画一主義・規格準拠主義という、これまた典型的な世俗的価値観を構成している更なる要素について、解説することにいたしましょう。通常この画一主義、規格準拠主義と呼ばれることが、事物や人の外的側面だけを評価する場合に適用されるのは、

愛による全面受容と心の癒しへの道(23)

峯野龍弘牧師 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 I. 世俗的価値観 B. 世俗的価値観を構成する恐るべき諸要素 4). 欲望充足主義、名誉出世主義 さて次は、欲望充足主義、名誉出世主義という、これまた典型的な世俗的価値観を構成している恐るべき要素について、解説することにいたしましょう。 非打算的献身的志向性や他者貢献的、かつ他者受容的感性を持った純粋志向性に富んだウルトラ良い

愛による全面受容と心の癒しへの道(22)

峯野龍弘牧師 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 I. 世俗的価値観 B. 世俗的価値観を構成する恐るべき諸要素 3). 唯物主義、物質主義 更にまた唯物主義、物質主義的人生観や価値観の過ちについては、次に述べる主イエス・キリストの戒めの中でも示唆されています。 ii. 宝は天に積みなさい すなわち、主イエスは、ある時弟子たちに「あなたがたは地上に富を積んではならない。…富は

愛による全面受容と心の癒しへの道(21)

峯野龍弘牧師 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 I. 世俗的価値観 B. 世俗的価値観を構成する恐るべき諸要素 3). 唯物主義、物質主義 ここで唯物主義、物質主義的人生観や価値観の過ちに対する主イエス・キリストの戒めを少しばかり紹介しておきましょう。 i. 人はパンだけで生きるものではない キリスト者であるならば、誰もがよく知っている主イエス・キリストの一つの御言葉があり

愛による全面受容と心の癒しへの道(20)

峯野龍弘牧師 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 I. 世俗的価値観 B. 世俗的価値観を構成する恐るべき諸要素 3). 唯物主義、物質主義 さて、第三に取り上げるべき世俗的価値観を構成する恐るべき要素は、いわゆる唯物主義、物質主義と言われるものです。 世俗的価値観に支配されて生きる人々は、概して唯物的で、物質中心主義的人生観や価値観を持って日々生活しています。ですからあらゆる

愛による全面受容と心の癒しへの道(19)

峯野龍弘牧師 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 I. 世俗的価値観 B. 世俗的価値観を構成する恐るべき諸要素 2). 能率主義、効率主義 さて、次に取り上げる世俗的価値観を構成する恐るべき第二の要素は、いわゆる能率主義、効率主義です。 そもそもウルトラ良い子にとって重要なことは、その事柄が純粋か、真実か、あるいは本質的か、理想的か、更には自らの内に閃いた独創的な関心事に合致

愛による全面受容と心の癒しへの道(18)

峯野龍弘牧師 第3章 ウルトラ良い子の抑圧の最大要因 I. 世俗的価値観 B. 世俗的価値観を構成する恐るべき諸要素 1). 行き過ぎた現実主義、現象主義 ii). ウルトラ良い子B子さんの場合 次にB子さんの例を紹介しましょう。B子さんの両親は、両親とも学校の教員でした。父親は地方の資産家の息子で比較的無口で、どちらかと言えばやり手の妻の尻に敷かれるタイプの人間でした。母親はこれ

1234